PMS,PMDD,月経困難症

こんにちは、大田区大森のカラダケア アクプンクト鍼灸院・整体院太田です。今回は月経前、月経中に起こる疾患について、お話いたします。

月経に関係して様々な症状で多くの女性が悩んでいます。どんなことが原因で起こっているのか説明します。

問題となる3つの疾患

  • 月経前症候群・月経前不快気分障害(PMDD)月経困難症

この3つはどれも似た症状を呈しますが、中でも1と2は似な症状が多くチョットした違いで疾患名が変わります(しかし、呼び名が変わっても多くの方が困っています)

  • 月経前症候群(PMS)

月経の3~10日ほど前から身体症状、精神症状が始まり、月経の開始とともに改善するのがPMSです。

身体症状

下腹部痛・頭痛・腰痛・鼻血・肩こり・浮腫み・体重増加など様々な症状が身体に出ます。

精神症状

イライラ・鬱状態・不安・不眠・過食・ネガティブ思考・喉の違和感・眠気など様々な心の不調に起因する症状です。

  • 月経前不快気分障害(PMDD)

心の不調が強く生活がままならない場合にPMDDと呼ばれます。

  • 月経困難症

月経後に起こる症状で下腹部痛、腰痛、腹部膨満感、嘔気(吐き気)、頭痛、疲労・脱力感、食欲不振、イライラ、下痢などの症状が現れます。

月経前症候群と月経前不快気分障害は、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが急激に低下することで、脳ホルモンであるノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニン分泌に影響が出て症状が現れます。

月経困難症は子宮が過剰に収縮することと、虚血から起こる酸欠で症状が出ます。

3つの疾患原因に違いはありますが、不調で仕事を休むしかない、自分でも制御できない心の不調、日常生活に影響を及ぼす症状が、この疾患の問題です。治療方法も低用量ピル剤、鎮痛剤、安定剤の処方しかありません。だからこそ体質改善が必要な疾患です。