持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)

こんにちは、大田区大森のカラダケア アクプンクト鍼灸院・整体院太田です。今回は持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)について、お話いたします。

今まで原因不明のめまいも解明されつつあります。そのめまいは持続性知覚性姿勢誘発めまいで、どんな症状かと言うと「フワフワ、ベッドの上に立っている、足が地面に着いていない」などの例えをするめまいです。この様なめまいが毎日三カ月以上続く慢性めまいを、持続性知覚性姿勢誘発めまいと定義されています。機能性ディスペプシアと似ていて機能的問題が無いにも関わらず自覚症状だけある状態です。この機能的問題が無い為、病院に行っても原因が分からず「気のせい、自律神経の乱れ」と言われ長く悩んでいる方もいます。

しかし、近年持続性知覚性姿勢誘発めまいと診断され、めまいから救われる方が増えています。

具体的症状

・三カ月以上続く浮遊感

・不安定感

・非回転性のめまい

これらの症状が

1・立ったり歩いたりすると起きる

2・体を動かすと起きる

3・複雑な模様や激しい映像をみると起きる

1~3でめまい誘発や増悪させます。

原因

耳、目、体からの情報は3つ情報を小脳で統合され、自分が立っている向きや体の傾きを認識していますが、目と体からの情報伝達が乱れで起こると考えられています。

具体的に目の視覚的情報と足からの位置情報や姿勢の問題。

検査法

聴力検査、眼振検査、重心重揺検査、シェロングテスト、心電図検検査、頭部MRI、問診で診断します。

メニエール病や突発性難聴の疑い除外、バランス感覚を調べ、血圧と脈拍の変動を調べる、不整脈の除外、脳の疾患を除外、問診で詳しく聞く。 

トータルで診断します。

治療法

抗うつ剤、認知行動、前庭(三半規管)のリハビリですが、決め手となる治療法はまだありません。

この病気は心身ともに健康になることで良くなると思って、バランスの良い食事、程よい運動、しっかり睡眠、程よい緊張感、自分を信じる心が必要です。