特定保険不妊治療

こんにちは、大田区大森のカラダケア アクプンクト鍼灸院・整体院太田です。今回は特定保険不妊治療で東京都先進医療について、お話いたします。

現在東京都の先進医療は以下の通りになります

・SEET法 
子宮内膜刺激胚移植法 胚を培養した培養液を胚移植前に子宮内腔に戻す

・子宮内膜スクラッチ 
着床前に子宮内膜へ小さな傷をつけて、内膜修復過程に分泌される伝達物質を増させる

・タイムプラス撮像法
タイムラプス装置搭載型培養器と言う培養器で培養する

・PICSI法
ヒアルロン酸を用いた精子の選別

・子宮内膜受容体検査 ERA 
着床に最適なタイミングを調べる

・子宮内膜細菌叢検査 
子宮内膜の乳酸菌の割合を調べる(EMMA)子宮内膜の細菌の種類と量を調べる 

慢性子宮内膜炎を調べる(ALICE)慢性子宮内膜炎に関する10種類の病原菌がいるかどうか知る検査 BDE慢性子宮内膜炎検査とは違います

・IMSI法
形態良好精子を選択して顕微授精する方法です

・二段階移植法 
受精後2~3日目の初期胚をまず1個移植し、更にその2~3日後(受精後5日目)に胚盤胞を1個移植する方法です。

・子宮内フローラ検査
善玉菌・ラクトバチルス属菌の割合を調べる

・不妊症患者に対するタクロリムス投与療法 
免疫異常とその伝達物質を抑える

不妊治療で通常使用できる健康保険の他に東京都では一部先進医療も保険適用になります。もちろん人工授精、体外受精、顕微授精も対象で、妊娠しても反復的に流産してしまった場合や着床しない場合に先進医療の選択肢が増えたのは感謝です。

不妊症で鍼灸施術をうけても医療費控除の対象になります、確定申告の際は忘れずにご注意ください。