突発性難聴の再発

多くの情報で突発性難聴は再発しないと言われ、再発したなら別の原因でメニエール病、聴神経腫瘍、外リンパ瘻が疑われます。過去突発性難聴になった方が再発するケースは・・・以前と反対の耳に突発性難聴が発症するパターンです(以前と同じ耳に再発した場合は違う病気の可能性を考えてください)、症状も突発性難聴と同じ耳鳴り、めまい、耳閉感、難聴になります。

初回発症時から10年以上経過し発症する方や1年後に発症する方もいるので、発症する期間は定かではありません。どちらにしても、難聴が再発する時は一度精密検査を受けることをお勧めいたします。

この再発記事を書いていると、行きつく先は突発性難聴の治療法になってしまいます。

現在新しい治療法で期待されているのは、Rho(ロー)キナーゼ阻害剤と言われる薬を点滴か注射を行い、血流の改善と内耳の神経の修復を行う療法です。この薬で聴力の平均改善率が83%と書いてありました。今までの薬より断然回復率が高いので、耳鼻科に行った際はドクターに聞いてみると良いと思います。