突発性難聴が治るのに必要なこと

こんにちは、大田区大森のカラダケア アクプンクト鍼灸院・整体院太田です。今回は突発性難聴が治るのに必要なことについて、お話いたします。

突発性難聴になって、何もせず数日様子をみることは一番してはいけません。突発性難聴になった多くの人をみてきましたが、治る経過を辿る方は早期に病院へ行く、鍼灸や整体を受けなど、突発性難聴に対して何か対処をした人の方が治っています。そうです、突発性難聴を治すには症状に対して治療をした人です!当たりまえですが・・・

突発性難聴で通院中の方が来院され話を聞くと、ステロイド、ビタミンB12、血液循環を良くする薬を飲んでいて、発症時より耳の詰まり、聞こえが改善されていると言われます。ご存知だと思いますが、突発性難聴が治る割合は1/3は聴力が完治・改善する、1/3は少し聴力が改善する、1/3は変わらないに分かれます。2/3の聴力改善&少し改善は自然治癒では、起こり得なかったと思います。耳に異変を感じたら、直ぐ治療を始めることが一番大切ですね!

中には、動画を見て難聴を自分で治す方法を実行する方もいますが・・・それは内耳に原因がある場合は効果ありません。自律神経やコリから起こる症状に対して効果があると思いますが、突発性難聴ほどの強い症状が出ているのに、自分で耳周りをマッサージしただけで良くなるとは思えないからです。

必要なのは何度も言いますが、耳に異常を感じたら直ぐ病院へ行って治療を開始することが大切です!余裕があれば鍼灸施術も同時に受けるともっと効果的です!!

病院や鍼灸施術以外に、自分で突発性難聴を治す可能性がある方法は60分ほどの運動です。有酸素運動をして脳の血流を良くすることで、内耳有毛細胞の回復を促すことも可能性の一つだと思います。

耳に異変を感じている方、突発性難聴と診断され回復の手段を探している方、早い行動が回復の可能性を高めます。

※因みに突発性難聴の起こる前に感じる耳の症状は耳鳴り、耳閉感、めまい、突然の弱めの難聴です。

※私が横浜で勤務していた時、西横浜国際総合病院を受診された方が多くお見えになりました。その西横浜病院の先生が突発性難聴の分かりやすい動画を公開されていますのでURLを貼ります。https://www.youtube.com/watch?v=HPaDzBpN2g0

※突発性難聴に対し何かすることで治る人が多い自然治癒が考えられるのは、急性低音障害型感音難聴(ストレス型)です。