自律神経の乱れで起こること!?

こんにちは、大田区大森のカラダケア アクプンクト鍼灸・整体院太田です。 今回は自律神経の乱れについてお話いたします。

自律神経は字のごとく自律して働く神経で

体全身に分布している神経です。

普段は交換神経と副交感神経がバランスをとって

内蔵、発汗、心拍などなど調整していますが

ストレスが凄い、イライラするなどで

交感神経が優位になり過ぎると

心拍が早くなる、コロコロ便、食いしばりが強い、寝込むことが多い

動悸、微熱などなど挙げれば限がありません。

このような症状が出ても自分ではどうすることもできない・・・

それは自律で働く神経だからです。

更に厄介なのは交換神経が優位すぎると

体的にまずいので急激に副交感神経優位に働きます

これが、分かりやすい症状で便秘や下痢を繰り返す原因です

他にも低気圧の時に体調を崩す方は

気圧の低下で圧がゆるまり血管が広がるけど

血管が広がると脳への血流を十分確保できず

眠気、めまいや拡張性頭痛にもつながり

反作用で交感神経が急激に優位なると

過緊張が起こり動悸や圧迫感など感じます

この様に自立神経は常に体のバランスをとっているので

些細なことが原因で不調をきたします。

気をつけることは

  • 適度な運動
  • 規則正しい生活
  • 栄養バランス
  • 十分な睡眠

以上に気を付けて生活を送ってください。