突発性難聴の症状固定

こんにちは、大田区大森のカラダケア アクプンクト鍼灸・整体院太田です。 今回は突発性難聴の症状固定について、お話いたします。

発症から3か月位までと言われていますが正確な時期は定かではない。しかし、実際は発症したその瞬間に症状固定する人もいれば発症から一年位は聴力が動いている人もいます。聴力が固定してしまう期間は、個人差大きい!

私が過去に鍼施術で改善した例で、突発性難聴になってから半年後に鍼施術受けて聴力が回復した人がいました。結局のところ症状固定には個人差が大きく、突発性難聴になった瞬間に症状固定する人もいれば、最長一年間位は可能性がある人がいると考えます。


突発性難聴になったら、仕事中だろうと旅行中だろうと直ぐに病院に行くことが一番大事!しかも近所の耳鼻科ではなく地域の大きい病院を受診するのがベストです。近所の耳鼻科だと、突発性難聴と診断してから大きい病院へと紹介状だ出されることが多く、突発性難聴の治療がワンテンポ遅れます。突発性難聴になったら、直ぐ病院に行く、必要であれば症状固定までに鍼灸施術を出来るだけ多く受けることが、聴力回復の可能性を高めます。(最近では、鍼灸治療も一緒に受けることができる病院があります)